shuyon日記 shuyon.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

潮干狩り


家族みんなが好きなことの一つに潮干狩りがある。
私は人生でもほとんど潮干狩りをした記憶がなくて、
今年の春がデビューといっていいくらい。

食べられる貝を見つけられるって、嬉しいことです。
e0360458_22115186.jpg

いつか、子どもたちが大きくなった時に、
海で食べものを獲るなんて信じられない、
埋め立てられて浜がない、
もしくは汚染なんかで、してはいけないことに
なっていないか、といえば、、、
その可能性は少なくないと思う。
今のままいけば。
まあ、今だってある意味、海産物をそのまま食べるのは他でデトックスする気で、という部分はあるのですが。

なるべく海を利用する。海で遊ぶ。
海で楽しんで生きている人がいるという、見せ方、じゃないけれど、
子どもたちにも海で遊んだ記憶は持っていて欲しい。

よく行く泡瀬干潟の海で、
こんな看板を尻目に貝を採り、砂を掘り遊ぶ。
e0360458_23402672.jpg
ずいぶんと大きな、まるで要塞みたいな建物が海上に見える。

色んなものを作れるもんやなあ、とただただ思った。
力の入れどころが、人間それぞれやなあ、とつくづく思う。


海の汚染や、環境破壊について思う時、
15年くらい前に見た映画、
ガイアシンフォニーの中に出てきた、ガイア理論の話を思い出します。
地球それ自体が一つの生命体だという考え方。
身体のどこか小さな部分の痛みで、生活に支障が出ることがある。それくらい身体全体は繋がり影響しあう。
地球規模で考えたら、ある部分の痛みを自浄作用で排出したり薄めたり、影響しあいながら
地球は本当によくやってくれていて、
人間の生命活動を受け止めてくれている。

大事にしない理由はないよね。


最近とても感じ入った本

秋山義胤さんの
いいかげん人生術。

おすすめです。面白かったー。
読んだ方と語り合いたい。





[PR]
by mypace55 | 2016-11-21 22:10 | こどもたちとの日々